【2018】レクサスGSのグレード!違いやおすすめ紹介!

 

レクサスといえばトヨタ自動車の高級ブランドです。

高級感やステータスを求めるドライバーさんなら、一度は乗ってみたい車ではないでしょうか?

レクサスには多くの車種がありますが、今回はその中から「GS」シリーズを取り上げてみました。

どんなグレードがあって違いは何か、またおすすめグレードなどをご紹介していきます。

レクサスGSシリーズの概要

レクサスGSシリーズはレクサスの中ではフラッグシップセダンのLSシリーズの次に高級な4ドアセダンとなります。

2番目の4ドアセダンとなりますが、ボディーサイズはEセグメントと呼ばれる大型セダンになります。

レクサスGSシリーズの価格やスペック

■GS300

  • 価格:5,770,000円~
  • 燃費:13.0km/L?
  • ボディーサイズ(mm):全長4,880×全幅1,840×全高1,455
  • パワーユニット:直列4気筒 2.0L ガソリンエンジン+インタークーラー付ターボ
  • トランスミッション:8-Speed SPDS(電子制御8速オートマチック)

■GS350

  • 価格:6,430,000円~
  • 燃費:9.9km/L?
  • ボディーサイズ(mm):全長4,880×全幅1,840×全高1,455
  • パワーユニット:V型6気筒 3.5L ガソリンエンジン
  • トランスミッション:8-Speed SPDS(電子制御8速オートマチック)

■GS300h

  • 価格:6,153,000円~
  • 燃費:21.4km/L?
  • ボディーサイズ(mm):全長4,880×全幅1,840×全高1,455
  • パワーユニット:直列4気筒 2.5L ガソリンエンジン+ハイブリッドシステム
  • トランスミッション:電気式無段変速機

■GS450h

  • 価格:7,428,000円~
  • 燃費:18.0km/L?
  • ボディーサイズ(mm):全長4,880×全幅1,840×全高1,455
  • パワーユニット:V型6気筒 3.5L ガソリンエンジン+ハイブリッドシステム
  • トランスミッション:電気式無段変速機

レクサスGSの種類は全部で21種類!

レクサスGSにはパワーユニットの違いだけではなく、それぞれにいくつかのグレードが存在します。

まず駆動方式ですが、基本的に全て2WD(FR)になります。

GS350のみAWD(4WD)が存在します。

そしてグレードはそれぞれに、

  • スタンダード
  • “I package”
  • “F SPORT”
  • “version L”

の4グレードが存在します。

GSシリーズは、パワーユニット・駆動方式・グレードの組み合わせで、全部で20種類が存在することになります。

さらにGSから派生した「GS F」という別グレードも存在しますので、これも合わせると21種類となります。

レクサスGSのグレード別特徴

・スタンダード

一番価格の安いグレードです。それでもレクサスですから、高級感は演出されています。

シートは唯一本革ではなく、あらゆるところの選択肢が最小限になります。

最初から設定されているもので十分満足できる方なら、価格が一番安いのでおすすめです。

・“I package”

このグレードからはシートが本革になります。

またインテリアカラーは4種類から、オーナメントパネルは3種類から選ぶことができます。

自分好みのインテリアにしたいという方にはおすすめのグレードです。

・“F SPORT”

このグレードは「GS F」までは行かないですが、スポーツ走行に特化したグレードです。

シートは本革、インテリアカラーは“I package”より1色少ない3色ですが、F SPORT専用カラーが存在します。

スポーティーな演出、スポーツ走行も楽しみたい方におすすめのグレードです。

・“version L”

スポーツ走行に特化した“F SPORT”を除いた場合の、レクサスGSの最上位グレードになります。

標準装備の種類が一番多くなります。

インテリアカラーは5種類から、オーナメントパネルは4種類から選ぶことができます。

ステアリングも木目3種類+バンブーの合計4種類から選択することが出来ます。

ほぼオーダーメイドに近い自分だけのレクサスGSにしたい方にはおすすめです。

・GS F

最後にレクサスでも別枠にされている「GS F」ですが、こちらはまさに「羊の皮を被った狼」的な存在になります。

車に詳しくない人から見たら、他のGSシリーズと変わりないと思われるのですが、中身は別物です。477HPをたたき出す5.0Lエンジンをはじめ、足回りから全て専用設計にされています。

1000万円以上しますが、走りに特化したい方ならこの「GS F」が一番おすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です